(Revenge of the)United Minds

Talkin' 'bout Music, Football(JEF United Chiba) and More.

大音量のFIFAアンセムをBGMに代表マグマ戦士が入場

かつての日本サッカー協会(JFA)は、私にとってはツッコミ所満載の、ダメ組織の象徴でした。多くのサッカーファンも、私と同じように考える人が多いと思われます。 ファルカン監督の短期間での解任、加茂監督就任後の人選、ネルシーニョ氏の「腐ったミカン…

Now River vs New River

日本史ファンの多くは、戦国ファンと幕末ファンに分けられる事が多い。私は勿論後者なのだが、当然歴史ファンになったばかりの小学生低学年の頃は戦国時代の歴史にも熱狂していた。ちょうど、この本を買ってもらった直後くらいの事だ。 blog.goo.ne.jp 幼少…

Twitter and the Monkey Man Winter, Spring & Summer 2017

ツイート自体が非常に少ないので、取り上げられるものも殆どありませんでした。昨年1年間を丸ごとまとめてしまっても良いくらいのツイート数減少。 眼科の方の担当医がまた変わっていた。しかも恐らく今までで最年少だろう。時代は変わる。昨日は横須賀線の…

ハジアル

今までも繰り返し取り上げてきた“ハジレコ”的な企画。 micalaud.hatenablog.com micalaud.hatenablog.com micalaud.hatenablog.com 思えば、“ハジビー”(初めて買ったThe Beatles作品)や“ハジニュー”(初めてリアルタイムで接したミュージシャン毎のニュー…

これ(おわり)なんですか

長い歴史を持つラジオ番組から、急な別れの言葉。 昨日の #ビートルズから始まる。 は残りの20分くらいだけを聴いたが、エンディングトークにてDJスネークマンの「今日でこの番組は終わりますが…」と別れの挨拶。突然の告知に大いに狼狽していたが、ツイート…

All through the day, all through the night, all through my life...

去る3月上旬、会期終了が迫る中で『ジョージ・ハリスン アイ・ミー・マイン展』を観るため渋谷ヒカリエを訪れた。 www.hikarie8.com ジョージの著書である自伝及び歌詞をまとめた豪華本『I Me Mine』の増補版発売を記念し、開催されたものだ。 ちなみに、ヒ…

単なる二月日記

次回以降に紹介予定の観泉寺を訪ねた際(詳細に関してはそちらの記事で)、散歩ついでに足を延ばしました。 この神社に関しての予備知識は全くありませんでしたが、都内にあるものとしてはかなり敷地も広大で社殿も豪奢。 源頼朝、太田道灌、徳川家光など名…

電位戦隊デンシマン

先日帰省した際(度々帰っているのだが)、かつて近所にいた人々の話を両親とした。下総の訛りが強かった八百屋のお婆さん、愛人に船を買わせた居酒屋の女店主など。 その中で、とある老婆の話になった。母が言った「おとなしくて物静かなお婆さん」は、我が…

Tetsuya

何かを好きになり、本腰を入れて追い掛ける。そこに至るまでには、ファースト・インプレッションだけでなくもう一押し、二押しとなるファクターが必要になります。少なくとも、私にとっては。 例えばサッカー(ジェフユナイテッド市原)、Jリーグ初年度開幕…

2017 買った新譜から10枚

今更ながら、恒例の企画を。昨年買った新作アルバムは11枚のみなので、その中から10枚をリリース順に挙げる。 Blue - Communions Volcano - Temples 半世紀 No.5 - Unicorn Make it Be - R. Stevie Moore and Jason Falkner Weather Diaries - Ride Parade -…

単なる正月日記 Vol.2

ここ数年体調不良が断続的に続いており、昨年は更に想定外の事が何度も起き(ちなみに、定期健診や昨年受けた人間ドックでは特に問題無し)、年齢を重ねる事に恐れ戦いている昨今。ちょうど友人の親御さんに薦められた事もあり、人生初の厄除けに友人のyuz氏…

単なる正月日記 Vol.1

あけましておめでとうございます。本年も何卒よろしくお願い致します。 この正月、yuz氏と話して決意したのは「もう時間が有り余っているわけではないのだから、やりたい事をやるためには瑣末な事には囚われない」という事。とかく打たれ弱く、ネガティブシ…

単なる十二月日記

三度目の赤坂・氷川攻めを、いざ敢行。 全ては、勝海舟寓居跡にあるアイリッシュ・バーへのリベンジを果たすためでした。 最初はランチタイムに間に合わず、女性店員さんと向き合ってアイスコーヒーを飲み高速で店を後にする事に。 blog.goo.ne.jp 二回目は…

My allegiance is to the Lucas, to Episode 1~6!

『Star Wars Episode 8: The Last Jedi』を観た。 未だに考えがまとまらないし、そもそもしっかりとしたレビューを書くのは非常に困難である。 あくまでSpiSunというユニットの公式サイトであった前身の”United Minds”とは違い、ここは私の個人ブログである…

You Better Run

ジェフユナイテッド千葉の2017年が終了しました。3年ぶりのJ1昇格プレーオフに出場したものの、1戦目で名古屋に敗戦。今年もJ1昇格は成りませんでした。 しかし、私が友人に「今年はもうダメだ、可能性はない」と諦めの言葉を口にしたあたりから連勝をスター…

Twitter and the Monkey Man Summer & Autumn 2016

今後もブログの更新ネタが無い時には、忘れた頃に掘り返してやっていきたいと思っている。自分の記憶力に対するトレーニングの意味も込めて。 あんまり最近ジェフの事を呟いていませんが、別に興味を無くしたわけではありません。エウトンの応援歌の原曲、実…

Twitter and the Monkey Man Spring 2016

ツイートがめっきり減り、このまとめ記事もしばらく行っていませんでしたが、さすがに3~6ヶ月スパンならば可能だと思われるので、順を追って適当にやっていこうと思います。 九州の皆様の無事をお祈り申し上げます。やっぱり地震は何よりも怖いよ。— ミカ・…

単なる十一月日記

見事試練を乗り越え、自らの目標を達成した友人のお祝いを兼ねて散策。写真だけだと何とも面白みに欠ける記事に。 お洒落スポットにある古墳は往時の姿を窺い知る事は難しく、高級住宅地に眠る古代の生活の面影は看板一枚で済まされている始末。何とも拍子抜…

Kerolog has gone

先日、友人と会った際に色々と過去の話題が出ました。その最中に自分の話を補強しようと過去に公開したポッドキャストを聞かせようと思ったのですが、ポッドキャスト用ブログ(“United Minds the Podcasting”)がいくらクリックしても繋がりません。 我が端…

単なる八月日記

最近、どこかに出かける日に雨に祟られる事が多くなった。正直、勘弁願いたい。 まさか数日後に火事が起きるとは、この時は考えもしなかった。

単なる七月日記

良くも悪くもいつも通りでしたが、祭礼中に怪我人が出たようです。 真夜中にサングラスをかけて歩く行為は穏当ではありませんが、厄介な人物を回避するには非常に役立つと改めて認識しました。

豪華の連発

今年は何やらデラックス・エディション等での再発が目立つような気がする。こういったリイシューは当然ながら毎年行われているが、私にとって引っ掛かる作品が多いという意味だ。前回紹介した『源平討魔伝』30周年アニバーサリーに関するリリースも、勿論こ…

平家の周年

15年前、自分は今後何があろうともゲームと日本代表のTV観戦を続けていくのだと思っていました。自分を取り巻く様々な環境が速度を増していく中、どんなに忙しくともこの二つに関しては何とか時間を確保していた事を鑑み、ふとアルバイトの最中にそう思った…

記紀の断片

出先の地図を眺めていた時、気になる名前の神社を発見したので参拝する事にした。さすがに酷暑の中を歩くのはどう考えても難しい距離であったので、7年ぶりに自転車を使う事にした。 そこに祭られている(と思われる)主祭神は、私が最後に真面目にプレイし…

ジョージの夏

ジョージの夏といえば、当然ながら『Gone Troppo』でしょう。 Gone Troppo アーティスト: George Harrison 出版社/メーカー: Capitol 発売日: 2004/02/09 メディア: CD 購入: 1人 クリック: 2回 この商品を含むブログ (7件) を見る トロピカルで鮮やかな日差…

Wondercliff

ブログに書く事がないので、ここを再び訪れてみる事にした。 前に友人と行った、地元の断崖絶壁にある小さな小さな社に行って高所恐怖症のゾワゾワ感をまた味わいたいと思っている。我ながらマゾだ。— ミカ・ラウド (@MicaLaud) 2017年5月27日 我が故郷を何…

「私も決別宣言を? バカこくな!」「こいてねえ!」

引き続きスターウォーズ関連の話を。 昨年の『ローグワン』公開後しばらくして、熱狂的SWファンであったとあるライターの評論が一部のSWファンの間で話題になりました。 www.mag2.com リンク先を参照して頂きたいので詳しくは触れませんが、要は今のSWはファ…

バトルシップ艦隊など!

2回に渡ってMadness来日公演の事を書いてきたが、この間に『Rogue One』のソフトが発売となった。 あまりにも熱狂しすぎたために、さすがに最近は落ち着いてきたが、現物が届いてから1週間は毎日繰り返し観ていた。寝ようと思っても、思わずディスクに手が伸…

Can't Touch Them Now Madness EX Theater Roppongi Vol.2

あのライヴの日から、1ヶ月以上の時間が経ちました。あの時の記憶がかなり速いペースで忘却の彼方へと去り始めているので、今思い出せる事を書いておこうと思います。 今回一番驚いたのは、客層の幅広さ。前回「老若男女」と書いたのは全く誇張ではなく、若…

Can't Touch Them Now Madness EX Theater Roppongi Vol.1

何の前触れもなく、突如決まった感のある今回のMadness来日。名目は昨年発表した新作『Can't Touch Us Now』の世界ツアーの一環という事らしい。 とはいえ、前回の来日のように、ヒットパレード的選曲の日本のファンに配慮したものとなるのだろう。少なくと…