(Revenge of the)United Minds

Talkin' 'bout Music, Football(JEF United Chiba) and More.

Life

単なる八月日記

2018年大河ドラマ『西郷どん』。西郷隆盛が主人公である事も含め、当然ながら興味深く観ている。 いつもならば敬愛する中岡慎太郎の登場回数や時間でやきもきするところだが、『龍馬伝』以降はもう何も期待しない事にしている。今作では嫌がらせの如く龍馬の…

Read about the things that happen throughout the Chiba

先日、母の実家にて箪笥の整理と掃除を手伝った。 主に来客用の布団を仕舞っている所なのだが、我が母が自発的に作業を始めたところ、箪笥の仕切り部分に緩衝材として敷いてある新聞やチラシが出て来た。日付を見ると、何と1979年の1月3日である。この家は1…

単なる二月日記

次回以降に紹介予定の観泉寺を訪ねた際(詳細に関してはそちらの記事で)、散歩ついでに足を延ばしました。 この神社に関しての予備知識は全くありませんでしたが、都内にあるものとしてはかなり敷地も広大で社殿も豪奢。 源頼朝、太田道灌、徳川家光など名…

単なる正月日記 Vol.2

ここ数年体調不良が断続的に続いており、昨年は更に想定外の事が何度も起き(ちなみに、定期健診や昨年受けた人間ドックでは特に問題無し)、年齢を重ねる事に恐れ戦いている昨今。ちょうど友人の親御さんに薦められた事もあり、人生初の厄除けに友人のyuz氏…

単なる正月日記 Vol.1

あけましておめでとうございます。本年も何卒よろしくお願い致します。 この正月、yuz氏と話して決意したのは「もう時間が有り余っているわけではないのだから、やりたい事をやるためには瑣末な事には囚われない」という事。とかく打たれ弱く、ネガティブシ…

単なる十二月日記

三度目の赤坂・氷川攻めを、いざ敢行。 全ては、勝海舟寓居跡にあるアイリッシュ・バーへのリベンジを果たすためでした。 最初はランチタイムに間に合わず、女性店員さんと向き合ってアイスコーヒーを飲み高速で店を後にする事に。 blog.goo.ne.jp 二回目は…

単なる十一月日記

見事試練を乗り越え、自らの目標を達成した友人のお祝いを兼ねて散策。写真だけだと何とも面白みに欠ける記事に。 お洒落スポットにある古墳は往時の姿を窺い知る事は難しく、高級住宅地に眠る古代の生活の面影は看板一枚で済まされている始末。何とも拍子抜…

単なる八月日記

最近、どこかに出かける日に雨に祟られる事が多くなった。正直、勘弁願いたい。 まさか数日後に火事が起きるとは、この時は考えもしなかった。

単なる七月日記

良くも悪くもいつも通りでしたが、祭礼中に怪我人が出たようです。 真夜中にサングラスをかけて歩く行為は穏当ではありませんが、厄介な人物を回避するには非常に役立つと改めて認識しました。

記紀の断片

出先の地図を眺めていた時、気になる名前の神社を発見したので参拝する事にした。さすがに酷暑の中を歩くのはどう考えても難しい距離であったので、7年ぶりに自転車を使う事にした。 そこに祭られている(と思われる)主祭神は、私が最後に真面目にプレイし…

Wondercliff

ブログに書く事がないので、ここを再び訪れてみる事にした。 前に友人と行った、地元の断崖絶壁にある小さな小さな社に行って高所恐怖症のゾワゾワ感をまた味わいたいと思っている。我ながらマゾだ。— ミカ・ラウド (@MicaLaud) 2017年5月27日 我が故郷を何…

単なる正月日記

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。 惑わず、惑わされず。自分なりに進んでいける年にしたいです。やりたい事があるうちは、まだまだ走り続けられると思います。頑張ります。

PARCO Sky

パルコ千葉店が、今月いっぱいで閉店。 千葉パルコももうすぐ閉店。今までありがとうございました。最後に覗いてみたいけど、残念ながら無理そう。— ミカ・ラウド (@MicaLaud) 2016年11月27日 個人的には、パルコよりもセントラルプラザの方が馴染み深かった…

単なる七月日記

幼少時からの友人と。一人は約20年ぶりの同行でした。 今年は、旧友について考える一年となりました。前を向いて生きていかなければなりません。

Only a Eastern Song

以前の職場の近くにとある料理のチェーン店があり、基本的に仕事中の食事は外食に依存していた私は、乏しいローテーションの中でこの店もよく利用していた。 退職後もこの店を年に数回は訪れたりするのだが、私が通っていた時代とは大きな違いが存在する。そ…

Dislocation

先日、夜遅くに上野の某所を訪れた際、いつものように散歩でもして時間を潰そうかという事になった。 駅から程近いその場所へと歩いたところ、入り口にスマートフォンを凝視するサラリーマンが数人立っている。意に介するでもなく進んでいくと、暗闇の中に突…

成田の寺は一つじゃない

成田山新勝寺(真言宗)のすぐ隣に、ひっそりと天台宗のお寺があった事を親から教えてもらう。裏参道から少し入った所、近くを何度も通っていたのに全然気付かなかった。祇園祭に沸く隣とは対照的に、あまりにも静かでこじんまりした佇まい。何とも心くすぐ…

20 + 10

よくよく考えてみれば、今年はSpiSun(spiritual sounds)結成から20周年、最初のブログ(旧United Minds)開設から10周年のメモリアルイヤーなのであった。 ただ年月を重ねただけで、特に意味は無かろう。確かにごもっともではあるが、あくまで私個人として…

Say the word I'm thinking of

先日、ふとしたきっかけから英国人の方と話す機会があり、殆ど片言ながらコミュニケーションを取った。こちらの言いたい事がちゃんと伝わっていたかは甚だ疑問だが、概ね気持ちは通じたと思う。 かつてNZにホームステイした経験に関しては何度かブログでも書…

The Way You Do the Things You Do

数年振りに関東を出ました。やはり自分は緑濃い山々の景色、澄んだ水…といった高原の風景に憧憬があるのだと再認識。海に囲まれた低い土地に生まれてしまったが故の感情でしょうか。 目的は観光ではなく、前後に色々と心穏やかではない出来事が続出しました…

盆暮れ正月やたらと忙し

明けましておめでとうございます。 『Star Wars Episode 7』の感想を書くつもりでしたが、まとまった文を書くだけの余裕がないので、とりとめもない日記で定期更新とさせて頂きます。 2015年は秋からずっと体調が悪く、年末に予定されていた定期健診できっと…

単なる七月日記

捨てられないけど捨てられてしまう男

ここ数日は実家で療養していたわけですが、帰宅した際、玄関にヨックモックのスチールボックスが置いてあるのに気付きました。 開けてみると、私が小学生時代に買ったり貰ったりした土産物が詰まっており、このように保存していた事を思い出すと同時に、危険…

Here Comes the Spring

今年も春が来てしまいました。 今週は体調不良でダウンしていました。といっても、今年に入ってから体調が万全だった時は一瞬たりともありませんが。 風邪腹痛、気管支炎、交通事故など例年の春先の出来事に比べれば随分マシですが、どうやら精神的にかなり…

All These Years

既にここにも書いた通り、約10年ぶりに高校時代の友人と会ってきました。 既婚者をこちらから誘う事は絶対に無いので、きっかけは我々の再会を全面的にバックアップしてくれた彼の奥様のお陰です。「奥手な二人のために次のスケジュールも決めたい」と、既に…

The Age of Plastic

本日は成人式を行った自治体が多かったそうですね。人生は長く、人それぞれの行き先は千差万別。今日、この日しか会えない知人の方が多いかもしれません。新成人の皆様は、悔いのないように成人の日を過ごしてください。式が終わったであろう時間に書いても…

単なる年末年始日記

2014年12月某日、先輩方と1月以来の会合。 Forgery for Jolly(タイトル意味無し) - (Revenge of the)United Minds Forgery for Jolly(タイトル意味無し) - (Revenge of the)United Minds 4人4様の多忙さの中での再会を喜び、前回ほど記事のネタにな…

はてなブログおみくじ2014 (for 2015)

皆様、明けましておめでとうございます。本年も“(Revenge of the) United Minds”をよろしくお願いします。 今年ははてなブログおみくじを実施していないようなので、無理矢理2014年のものをやってみました。 はてなブログおみくじ2014 昨年より着実に運気は…

いや~コケちゃいました

側溝落下に引き続き、またしてもやってしまいました。 歩行者用の青信号が極端に短い交差点。いつものようにダッシュしたが、とある事に気をとられ、更に足元の段差に引っ掛かり激しく転倒した。信号待ちの車には醜態を晒したかもしれない。人影の無い場所に…

Go West

先日、ひょんな事から池袋を訪れました。まさかの今年二回目の訪問。あくまで用事をこなすためです。 時間があったのでいつものようにユニオンを訪れましたが、何だか物足りない。という事で、久々に西口方面に足を伸ばすことに。 バンド時代、基本的には東…