読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(Revenge of the)United Minds

Talkin' 'bout Music, Football(JEF United Chiba) and More.

愛の六弦展覧会 Vol.3

先日、10年ぶりに記事のナンバリングを「Vol.2」に更新したかと思えば、更にVol.3まで一気に書いてしまう暴挙。 micalaud.hatenablog.com といっても、前回は2本もらったうちの1本を紹介しただけなので、当然もう片方も書く事になるのは避けられない。記事の…

愛の六弦展覧会 Vol.2

太古の記憶。 blog.goo.ne.jp 「Vol.1」と題しておきながらその後一切このタイトルで記事を書いていなかったので、10年越しに次の記事を書いてみる。 しかし10年か…そんなに時間が経っているとはとても思えないな…。 先日、親が友人からギターを2本もらって…

Volution No.9

気が付けばもうブログを更新する週でした。最近は諸事情によりバタバタしていたので、あまり記事を書く事まで考えが回らず。 スターウォーズの事をまだまだ書きたい気分ですが、時間が無いので次回以降に回したいと思います。 先日、Twitterでとあるタグが流…

Give me that plenty of that guitar

予定通り、春からしばらく月1更新へ移行する予定なので、書けるうちに思い出話を放出してしまおうと思います。 今回はギターの話。

タイトルのネタが無い

今年から少しずつ作曲を再開しています。昨年末にCloud9氏にお会いしたのが大きなきっかけですが、他にも色々と理由があり、常に何となく頭の中で練っている…という状態です。 少なくともこれは2007年くらいまでは当たり前の状態だったのですが、忙しさにか…

とりあえず13歳

人によって作詞・作曲の方法というのは幾つもあると思いますが、理論をろくにわかっていない自分の場合、どちらも楽器を持って行うより、音楽と関係の無い作業をしている時にベースの部分を思い付く方が多いです。 音楽に限らず、文章なども構想を練るのはそ…

君の歌は貧弱だねえいつも

続きを書いていなかったので、さっさと終わらせます。 声のおまもりください - (Revenge of the)United Minds 上記の体験から、私なりに発見したことがあります。 自分には、向いている曲と向いていない曲がある 自分の声に合った曲やメロディを作るべき …

声のおまもりください

某大学のガイダンスの時に、前園真聖氏の写真がプリントされた袋をもらいました。何故かこの事だけ強烈に覚えています。ただし今回の記事と全く関係なし。 かつてチャートを賑わせた歌手やバンドが、一時期ほどの脚光は当たらなくなったものの地道に活動を続…

「おっさん、おっさん、おっさんか?おっさん」「えー自分だと思う」

自分は未だに何も成し遂げていない、空虚な人生を送っています。精神的にも幼く、成熟という言葉とも無縁。よって全く自覚はないのですが、残念ながら肉体は時間と共に衰え、周囲からも年齢相応に見られるようになる。これは避けようのない事です。 形あるも…

六平直政たん

ツイッターでも書きましたが、こいつが我が部屋に戻ってきました。 2007年に親に贈ったのですが、ジャガーを購入したことで必要なくなったとの事。 過去にはこんな記事も書いたギターです。 愛の六弦展覧会 Vol.1 〔by ラウド〕 「Vol.1」と題しているのに、…