読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(Revenge of the)United Minds

Talkin' 'bout Music, Football(JEF United Chiba) and More.

#15 Tetsuya Nishizono “Speak Like a Child” Part.2

Podcasting

2/2

 

音声はこちら。

#15 Tetsuya Nishizono “Speak Like a Child” Part.2

 

 

 

〔Tumbleweed Wanderers〕

【東京都足立区~埼玉県八潮市】 

 

f:id:micalaud:20131126150228j:plain

 意外と自分の生活圏では見なくなった、下世話な広告。かつて故郷ではこの手の張り紙がよくしてあった記憶がありますが、

 

f:id:micalaud:20131126150231j:plain

 中川沿いを歩きます。あまり心が落ち着くような風景ではありません。 

 

f:id:micalaud:20131126150701j:plain

 水門を挟んで右側が東京都葛飾区、左側が埼玉県八潮市。そして写真を撮っている場所は東京都足立区です。入り組んでますね。

 

f:id:micalaud:20131126150706j:plain

 そして、気が付いたら都境を越えていました。標識も何もなし。何の感慨もなかった…。

 

f:id:micalaud:20131126150710j:plain

  この小さな川(垳川)が東京都と埼玉県の境界線らしいです。無事に踏破しました。

 

 

 

〔今月の音楽〕

 

f:id:micalaud:20131126151101j:plain

The 1975 / The 1975

 

f:id:micalaud:20131126151213j:plain

 Bones of What You Believe / Chvrches 

 

 

 

〔The Speaker's Notes〕

 

 今回は本来ならばゲストをお招きする予定でしたが、気が付けば正式オファーを出す前に11月も残り一週間を切っており、やむなく単独収録となりました。当然これといった明確なプランもなく、様々な事情からこの企画を決行するに至りました。以前から漠然と考えていたネタでしたが、まさか実行することになるとは思わなかった…というのが正直な感想です。

 何だかとても疲れた収録でした。身体的にもそうですが、主に精神的な面で疲労を感じたのです。その理由をここに書くと不快に思われる方もいらっしゃるでしょうし、詳しくはファイル内で語っているので割愛しますが、帰って食事を済ますなり眠ってしまうという、あまり行儀の良くない事をしてしまうほどでした。むしろ、音声の収録を行っていない帰り道の方が長い道程に感じましたね。

 天気が良くなかったのも心の疲れの原因でしょう。曇天の空が街の風景を更に暗くしていた気がします。これで雨が降ったりしていたら、ちょっとしたトラウマものの経験だったかもしれません。自室に辿りつく数分前に降り始めたので、ギリギリセーフでした。せめて晴れの日に歩きたかった気はします。

 

 引き続きゲスト出演してくださる方を募集しております。どうぞよろしくお願いいたします。