読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(Revenge of the)United Minds

Talkin' 'bout Music, Football(JEF United Chiba) and More.

#17 Tetsuya Nishizono “Speak Like a Child” Part.1

Podcasting

1/2

 

音声はこちら。

#17 Tetsuya Nishizono “Speak Like a Child” Part.1

 

 

 

〔Tumbleweed Wanderers〕

【永田町~皇居】

 

(00:03:52~)

f:id:micalaud:20140129234206j:plain

 加藤清正、そして井伊家と錚々たる人物が住んだ邸宅跡。

 

f:id:micalaud:20140129234309j:plain

 この場所は、「櫻の井」と呼ばれる江戸の名水の井戸だったようです。一度に桶三杯分の水を汲めるので、江戸城に登城する人々などに大変重宝がられたとか。

 

f:id:micalaud:20140130020846j:plain

 この場所は、現在では憲政記念館に姿を変えています。陸軍省参謀本部も置かれていた、かつての日本の中心地でもあります。

 

f:id:micalaud:20140130021036j:plain

 記念館に向かって坂道になっており、その途中にはベンチが。傍らには今時珍しい灰皿が設置してあります。殆ど使う人もいないようで、非常に綺麗なままでした。

 

f:id:micalaud:20140130021159j:plain

 ベンチ前から皇居を望む。交通量の激しい内堀通りの沿道には、多くの皇居ランナーの人々の姿も。皇居ランは一過性のブームだと思っていましたが、どうやらそんな事は無いようですね。

 

f:id:micalaud:20140130021546j:plain

 日本の高低測量の大きな基準となる、日本水準原点もこの敷地内にあります。この建物は「日本水準原点標庫」という名前だとか。

 

f:id:micalaud:20140130022214j:plain

  これは先ほどのベンチの前にあったもの。

 

f:id:micalaud:20140130021848j:plain

 時計塔。既に夕闇が迫っており見辛いですが、三角形なのは三権分立を表しているそうです。隣には、議会政治の父・尾崎行雄の碑も。この場所は、元々「尾崎記念会館」と名付けられていたとか。

 

f:id:micalaud:20140130022125j:plain

 既に閉じていますが、敷地内にあるレストラン「霞ガーデン」。ホールの中に丸テーブルと簡素な椅子が並んでおり、ちょっと見ただけでは飲食店に見えません。

 遠足や修学旅行の食事で寄るような、何ともいえない“社会科見学感”のある佇まいが、我々の琴線を大きく揺さぶりました。今度改めて訪れたいと思っています。しかし自販機の飲み物が安い!

 

f:id:micalaud:20140130022725j:plain

 夕暮れの国会前交差点。右の建物は警視庁。

 

(00:08:22~)

f:id:micalaud:20140130023248j:plain

 完全に暗くなってしまいましたが、桜田門です。先程の井伊邸(現・憲政記念館)からは非常に近い位置にあります。井伊大老は職場に非常に近い所に住んでいたのですね。この短い通勤路で、浪士たちに襲われ命を落とす事となります。本当の意味での幕末の始まりだったといえる出来事です。訪京時にも思った事ですが、歴史上の出来事やそれが起こったロケーションは、実際に自分の足で歩いてこそ実感出来る事が多いな、と実感した次第。

 ちなみに、個人的にはここに来るのは初めてではありません。そういえば前回訪れた時も、皇居ランナーについて触れていますね。