(Revenge of the)United Minds

Talkin' 'bout Music, Football(JEF United Chiba) and More.

#19 Tetsuya Nishizono “Speak Like a Child” Part.2

2/2

 

音声はこちら。

#19 Tetsuya Nishizono “Speak Like a Child” Part.2

 

 

 

〔Tumbleweed Wanderers〕

【神田】 

 

(00:00:10~)

f:id:micalaud:20140328095919j:plain

 カラオケで一般的なダイナミックマイクだけではなく、ポップフィルター付きのコンデンサーマイクまで完備。オーディオテクニカ製です。

 

f:id:micalaud:20140328100201j:plain

 ヘッドフォンはヘッドフォンアンプに接続。こだわってます。しかしこの機種、懐かしいなぁ。楽器店で働いている頃にはよく売っていた品です。これまたオーディオテクニカ製。

 音声ファイル内で言い忘れましたが、このカラオケはヘッドフォンもしくはイヤフォンが必須です。レンタルもあるようですが、当然有料。私はローランドのモニターヘッドフォンを持参しました。

 

f:id:micalaud:20140328100309j:plain

 何と、マイクの音量はミキサーで調整します。つまりイコライジングも出来るという事ですね。ベリンガー製。

 

 

 

 

 

〔今月の音楽〕

(00:08:28~)

 

f:id:micalaud:20140328014343j:plain

E-Gajyacejoro / Unicorn 

 

 

 

 

 

〔The Speaker's Notes〕

 

 月末になってバタバタと急いで録ってきました。よくある話です。

 このポッドキャストを始めて良かったと思うのは、何かやってみたいと思う事があった場合、無理なく新たなチャレンジへの手助けをしてくれる事です。

 勿論、単なる自己満足のために行っている企画ですから、能力の限界に挑むような大それた内容になるはずがありません。ですが、些細で身近な興味の対象が待っている時に、この「Speak Like a Child」がそこへ向かう最後の一押しをしてくれるのです。私は怠惰な性質ゆえに、あと一歩が踏み出せない事が多い。良いきっかけ作りを見つけたものだな、と自分でも思います。

 昨年の「ギターが弾けるカラオケ」に引き続き、今回の「一人カラオケ専門店」もこの企画を行っていなければ訪れていなかったでしょう。このお店のオープンが話題になったのが2011年暮れなので、ちょっと動き出すのが遅すぎた感は否めませんが。

 

 引き続きゲスト出演してくださる方を募集しております。どうぞよろしくお願いいたします。