読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(Revenge of the)United Minds

Talkin' 'bout Music, Football(JEF United Chiba) and More.

While Jun's Guitar Gently Weeps

 ジェフユナイテッド千葉鈴木淳監督が解任されました。

鈴木淳監督の契約解除についてジェフユナイテッド市原・千葉公式)

 突然の決定で、非常に驚いています。

 

 J2に陥落してからのジェフは、結果が出なければすぐに監督の首を挿げ替えるという方針で戦ってきました。チームとしての熟成を見ないまま、毎年リセットを繰り返して苦戦していたわけです。

 それが、鈴木監督に関しては昨年からの続投。今年の新戦力は他クラブの若手のレンタルが多く、目玉になるような選手が少なかった事もあって、私はてっきり腰を据えてチームを再建し、その手綱取りを鈴木監督に託したのだと思っていました。

 現在二桁順位に沈んでいる事でわかるように、かなり低調な成績。「昇格が遅れてもサポーターは待つが、スポンサーが待ってくれるとは限らない」と繰り返し主張し結果を求めてきた私ですが、チームにその覚悟があるのならば目先の結果に目くじらを立てるのはやめよう…と決意し、敗戦にもあまり愚痴らずにここまで戦いぶりを注視してきたのです。勿論、負けが悔しくないわけが無く、特にホームで湘南に大敗した後などはツイッターすら覗く気になれませんでしたが…。

 

そんな中で、クラブはこのような決断を下しました。少なくともクラブとしては今年中に昇格する気があるという事を示しています。この戦力で、本当に上がるつもりだったのか…疑問はぬぐえませんが、兎にも角にも鈴木監督の解任は成績不振によるものである事は紛れもない事実です。

 

 前述のように、思うように勝ち星を拾えていない状況ではありますが、私は鈴木監督を支持していました。積極的な若手の起用で将来への布石を打ち、限られた駒で戦えるだけの戦術トリートメントも進んでいるように見えたのです。

 ただただ戦術で縛り付けるのではなく、ピッチ上で刻々と変化する戦況に選手個々が対応できるような判断力を養い、自主性を重んじる。このような指導方針は選手達にも好評だったようです。

 

 鈴木監督去りし後の今日の試合は、松本にフクアリ初勝利を献上する結果に。監督解任という一件をカンフル剤として利用する事は出来ませんでした。後任監督の噂すら入ってこない状況ですが、今年のジェフは果たしてどのような結末を迎えるのでしょうか。

 私としては、今まで通り“見守る”というスタンスを継続するだけですが。