読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(Revenge of the)United Minds

Talkin' 'bout Music, Football(JEF United Chiba) and More.

It is “He” (Jai Raj Harisein)

Harrisongs

 9月に入り、いよいよApple Years Boxの全貌が明らかになってきました。

 

The Apple Years 1968-75

Wonderwall Music
1. Microbes
2. Red Lady Too
3. Tabla and Pakavaj
4. In the Park
5. Drilling A Home
6. Guru Vandana
7. Greasy Legs
8. Ski-ing
9. Gat Kirwani
10. Dream Scene
11. Party Seacombe
12. Love Scene
13. Crying
14. Cowboy Music
15. Fantasy Sequins
16. On the Bed
17. Glass Box
18. Wonderwall To Be Here
19. Singing Om
20. In the First Place (by The Remo Four) – bonus track
21. Almost Shankara – bonus track
22. The Inner Light – bonus track

Electronic Sound
1. Under the Mersey Wall
2. No Time or Space

All Things Must Pass
CD 1
1. I'd Have You Anytime
2. My Sweet Lord
3. Wah-Wah
4. Isn't it a Pity
5. What is Life
6. If Not for You
7. Behind That Locked Door
8. Let it Down
9. Run of the Mill
10. I Live for You - bonus track
11. Beware of Darkness - bonus track
12. Let it Down - bonus track
13. What is Life - bonus track
14. My Sweet Lord (2000) - bonus track
CD 2
1. Beware of Darkness
2. Apple Scruffs
3. Ballad of Sir Frankie Crisp (Let it Roll)
4. Awaiting on You All
5. All Things Must Pass
6. I Dig Love
7. Art of Dying
8. Isn't it a Pity (Version Two)
9. Hear Me Lord
10. It's Johnny's Birthday
11. Plug Me in
12. I Remember Jeep
13. Thanks for the Pepperoni
14. Out of the Blue

Living in the Material World
1. Give Me Love (Give Me Peace on Earth) 
2. Sue Me, Sue You Blues 
3. The Light That Has Lighted the World
4. Don't Let Me Wait Too Long
5. Who Can See it
6. Living In the Material World 
7. The Lord Loves the One (That Loves the Lord)
8. Be Here Now 
9. Try Some Buy Some
10. The Day the World Gets 'round 
11. That is All 
12. Deep Blue - bonus track
13. Miss O'Dell - bonus track
14. Bangla Desh – bonus track

Dark Horse
1. Hari's on Tour (Express)
2. Simply Shady
3. So Sad
4. Bye Bye Love
5. Maya Love
6. Ding Dong, Ding Dong
7. Dark Horse
8. Far East Man
9. It is 'He' (Jai Sri Krishna)
10. I Don’t Care Anymore – bonus track 
11. Dark Horse – bonus track

Extra Texture (Read All About it)
1. You
2. The Answer's at The End
3. This Guitar (Can't Keep from Crying)
4. Ooh Baby (You Know That I Love You)
5. World of Stone
6. A Bit More of You
7. Can't Stop Thinking About You
8. Tired of Midnight Blue
9. Grey Cloudy Lies
10. His Name is Legs (Ladies and Gentleman) 
11. This Guitar (Can’t Keep from Crying) [Platinum Weird version] – bonus track

 

 以前、私がこのブログで書いた予想というか要望は、ほぼボーナストラックに関しては叶えられているようです。

All Those (Apple) Years Ago - (Revenge of the)United Minds

 ボーナストラックが少ない事に不満の声を上げている人も多いようですが、自分としてはここで書いた事がほぼ実現している事に満足しています。予想の範囲内を超えるものではなかったという事も意味しているわけですが、この手の再発企画でどれだけ肩透かしを食らったことか!リリースには細心の注意を払っているオリヴィアとダーニがしっかり今発表出来るものを収録してくれたわけですから、ここは素直に喜ぶべきです。

 個人的には、殆ど冗談のつもりで書いた「The Inner Light」の元バージョンと、「This Guitar」の再録バージョンまで入っている事に驚きました。 まさか、ダーニはこのブログを読んでいたんでしょうか。これ以上のレア音源は、何年後になるかはわかりませんが何れ発表されるであろう『George Harrison Anthology』まで楽しみに待つとしましょう。きっと出してくれるはず。

 

 しかし、『All Things Must Pass』の予想は大外れでしたね。まさか既存の再発盤のボーナストラックをそのまま放り込んでくるとは(『Living in the Material World』も同様)。そして当然ながら箱ではなく、どうやらデジパックのようです。音はかつてのウォール・オブ・サウンドをリマスターしたのか、それともジョージ自身がリマスター監修した“ニュー・センチュリー・エディション”準拠なのか。それを予想するだけで酒の肴になりそうです(飲めませんが)。

 ボーナストラックを望むべくもない『Electric Sound』は、トム・ローランズ(The Chemical Brothers)とダーニが書き下ろしたライナーがその代わりになりそうです。

 気になるのは、DVD収録内容の記述に「1974 North American Tour」の記述が一切見られ無い事。噂によると今回こそ北米ツアーの映像が明らかになるとされていただけに、かなり困惑気味です。はたして実際はどうなっているのでしょうか。そもそも、書いてある事を鵜呑みにするのならば、DVDは再収録ばかりでちょっと残念な内容になりそうなのが…。

 

 ひとまず、私にしては素早く行動し、既に注文済みです。早く聴きたい。


George Harrison - The Apple Years 1968-75 Box set - Released 22nd September

 「Ski-ing」「Party Seacombe」のサイケでクールな雰囲気から「What is Life」の華やかなサウンドにつながる部分が何度観ても格好良いです。