読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(Revenge of the)United Minds

Talkin' 'bout Music, Football(JEF United Chiba) and More.

Memories of “Speak Like a Child” Vol.2

Podcasting

#5  [January 2013]

 <四谷>


#5 Tetsuya Nishizono “Speak Like a Child” Part.1 〔by ラウド〕 - United Minds (Strikes Back)

 <新宿>


#5 Tetsuya Nishizono “Speak Like a Child” Part.2 〔by ラウド〕 - United Minds (Strikes Back)

 最初の友人との“新春ビッグ対談”。試衛館跡を中心に,昭和の残り香がある街並みを。ゆったりとした時間が流れる、穏やかな年始でした。スクウェア・エニックス本社ビルの隣にある日本家屋、というアンビバレントな風景も楽しかったです。

 これといって特別な事は起きなかったのですが、はちみつぱい『センチメンタル通り』のようなストリートの写真を撮る事が出来たのが個人的には印象に残っています 。

 

#6  [Febrary 2013]

 <都内某所>


#6 Tetsuya Nishizono “Speak Like a Child” Part.1 〔by ラウド〕 - United Minds (Strikes Back)


#6 Tetsuya Nishizono “Speak Like a Child” Part.2 〔by ラウド〕 - United Minds (Strikes Back)

 久々に一人録音で、ギターの弾けるカラオケに潜入。新たな体験をする事が出来ました。個室なら、一人喋りでも誰にも怪しまれません。

 実感したのは、ギターの腕が著しく落ちている事。危機感を覚えましたが、その後もそれほど状況は変わらず…再びここを訪れ、リベンジすると放送内で宣言していますが、結局その機会もないまま企画が終了してしまいました。常に再訪を考えてはいたのですが…。

 思ったのは、マイクスタンドがないと弾き語りが出来ないという事です。 自分はそのつもりでここに行ったので、次からはスタンドを用意して頂きたいと思いました。

 

#7  [March 2013]

 <フクダ電子アリーナ>


#7 Tetsuya Nishizono “Speak Like a Child” Part.1 〔by ラウド〕 - United Minds (Strikes Back)


#7 Tetsuya Nishizono “Speak Like a Child” Part.2 〔by ラウド〕 - United Minds (Strikes Back)

 2度目のフクアリレポートは、2013年開幕戦を。

 しかし負けた上にノーゴールという、私の企画意図を大きく外れた結果に。相手クラブのゴールを取り上げるわけには行きませんし、負けるにしてもせめてゴールを挙げてくれないと素材が確保出来ないので、零封されるのは勘弁してもらいたい…と非常に身勝手な事を思った試合でした。 

 事実、ノーゴール敗戦だと全く音声企画として成立しないのは以後の同企画でも証明されています。この時は設置されたばかりのユナイテッド・カフェでの駄弁りでお茶を濁しましたが、ジェフの試合内容・私の企画内容共々大きな課題が残りました。

 ちなみにこの日、Googleストリートビューフクアリ内の様子が撮影されており、私もちゃっかり写っています。

 

#8  [April 2013]

 <地元>


#8 Tetsuya Nishizono “Speak Like a Child” Part.1 〔by ラウド〕 - United Minds (Strikes Back)


#8 Tetsuya Nishizono “Speak Like a Child” Part.2 〔by ラウド〕 - United Minds (Strikes Back)

 地元の思い出語り、再び。この頃から、ゲスト回と一人喋り回のローテーションになっていきます。

 21年前に撮った写真と同じ構図で、現在の様子を撮影する…という思い付きで実行した企画でしたが、個人的には一人で収録を行った回では最も意義のある内容だったと思います。 色々と喋らなくていい事まで明かしてしまっているような気がしないでもないですが。

 2枚の写真を見比べても、殆ど変化がありません。しかし、時間だけは確実に過ぎているのです。いやはや、恐ろしい…それだけ、時の流れにも動じない場所だという事でもあります。出来れば、当時の仲間と訪れたかったもの。

 

#9  [May 2013]

 <六義園>


#9 Tetsuya Nishizono “Speak Like a Child” Part.1 〔by ラウド〕 - United Minds (Strikes Back)

 <駒込~本郷>


#9 Tetsuya Nishizono “Speak Like a Child” Part.2 〔by ラウド〕 - United Minds (Strikes Back)

 yuz氏と#2のリベンジ。天候に恵まれ、由緒のある日本庭園をしっかりと堪能する事が出来ました。色々と足を伸ばして、新たなスポットも開拓。以前から二人で行っている散策をそのまま音声で収録した回になっています。

 岩崎弥太郎邸が改装中だったのが唯一の誤算だったでしょうか。しかし、池袋には数え切れない回数通っているのに、その際に山手線で通過していた駒込で降りるのはこの時が正真正銘初めて。何やら不思議な心持になるのと同時に、何事もきっかけが大事なのだなと妙に納得したのでした。