(Revenge of the)United Minds

Talkin' 'bout Music, Football(JEF United Chiba) and More.

来年の事を言うとモールが笑う

 先月28日未明、妙にツイッターが騒がしいと思ったら、スターウォーズEP7のトレーラー映像が公開されていた模様。


「STAR WARS : THE FORCE AWAKENS」特報 - YouTube

 公開は来年の12月予定。1年以上前にオフィシャル映像を明かすとは、異例の早さのように思います。

 旧三部作は勿論、新三部作の時代ですら映画館で予告映像が流れてから、テレビで徐々に情報が明らかになっていくのが当たり前でした。しかし、現在では今回のようにネットで全世界がタイムラグ無く最新の情報を受け取る事が出来るようになったわけで、時代は変わったなと改めて実感。

 

 既に動画の公開から一週間が経ったわけですが、既にファンが様々な手を加えた映像が出回っており、こういった二次創作の多彩さも実にスターウォーズらしいなと思います。“ルーカス本人がディレクションしたバージョン”という改変動画の触れ込みを本気で信じている人も多数いたようで思わず笑ってしまったのですが(『ピープルvsジョージ・ルーカス』に出て来るような意地の悪いファンが、ルーカスを茶化すために制作した事は明白)、以前私もファンメイドのポスターに見事に釣られた過去があるので、あまり人の事は言えません。


その判断力は学べるので? - (Revenge of the)United Minds

 

 これだけの短い動画に出てきた数少ない要素を元に、きっと世界中のSWオタク達が喧々諤々の議論をしているであろうと考えると、妙に微笑ましく感じてしまいます。

 鍔付きライトセイバーのスピンオフ臭さ(ネットスラングで言えば「厨二っぽい」)、EP6の30年後設定なのにXウイングのデザインが全く変わっているように見えない、ミレニアム・ファルコン登場時のカメラワークがあまりにも派手…などなど、スターウォーズ谷間の世代としては色々と思うところも多い動画でしたが、上記に引用した記事中で述べた通り、あまり口を挟んだりしないよう、あくまでニュートラルな視点で楽しむつもりです。

 冒頭に登場する、ストームトルーパーのアーマーを纏った黒人男性(ジョン・ボイエガ)、縦長のバイクに乗る少女(デイジー・リドリー)の2人がどうやら本作品の主役のようです。女性の方は、噂通りハンとレイアの娘なのでしょうか。

 

 私は、EP7に関しての新たな情報を能動的に集めていません。よって、今回の動画公開に関してコメントしているファンの方々のブログやツイートを眺めていて初めて知った事なのですが、既に新作シナリオのリークがされているようです。

 (真偽はともかくとして)そのリーク通りのストーリーだとすれば、スピンオフ(特に「スターウォーズ・ファクトファイル」でスターウォーズ・ユニバース上の史実として語られていたEP6以降の出来事)の設定は、ほぼ無視される事になりそうです。個人的にスピンオフは『クローンウォーズ』以外どれも微妙だと思っているので、それに関しては問題だとは思っていません。

 ただし、あれだけ帝国打倒に貢献したルークが、もしその功績に報われない人生を歩んでいるのだとすれば悲しいです。やはり、神話のヒーローであるルークにはジェダイ・オーダーを再興してほしいし、マラ・ジェイドのような綺麗な嫁さんをもらってほしい。

 恐らく、来年の5月頃に新たなPVの公開があるのではないかと思われます。その時には、いよいよマーク・ハミルハリソン・フォードが登場するのでしょうか。気長に待つとします。