(Revenge of the)United Minds

Talkin' 'bout Music, Football(JEF United Chiba) and More.

On Account of Your Love

 いつも通り、取り留めの無い話を。

 

 今では、オンライン上での買い物が当たり前となり、大型ショッピングサイトの存在で地域の商店(特に書店)が次々に店仕舞いに追い込まれるなど、様々な弊害も起こっている時代。

 自分が初めてネット通販で買った品物を、きちんと覚えている人はどれくらいいるのでしょうか。自分の場合ははっきりと記憶に残っています。HMVにて、Teenage Fanclubの『Bandwagonesque』を注文したのが、今に続く浪費人生の始まりでありました。2002年、確かJR総武線総武本線の上り電車中にて操作した事まで脳裏に蘇ります。当時そこまで身構えて注文した記憶は無いのですが、最初の経験という事で緊張していたのでしょうか。

 同年代ではネット導入が遅れに遅れた私。スマートフォンも存在しない時代だったので、フィーチャーフォンを駆使して以後も注文を続けました。いやはや、よく元値であそこまで律儀にCDを買い続けたものだ…本当にお金が無い中、毎月欠かさずHMVを利用していました。今でもサイトでトータルの利用額を確認出来ますが、何度見てもなかなか恐ろしい金額になっています。

 

 多少話題は逸れますが、当時のHMV携帯サイトは検索での文字入力に非常に厳しく、英語タイトルは単語の頭文字を大文字、それ以外を小文字にしてきっちり半角スペースを空けないと絶対にヒットしませんでした。

 例えば、「allthingsmustpass」「ALLTHINGSMUSTPASS」では絶対にダメ。「all things must pass」「ALL THINGS MUST PASS」でも余裕でアウト。ちゃんと「All Things Must Pass」と打たないと辿り着く事は出来ません。しかもその点は一切明記されていた記憶がないので、トライ&エラーでこの検索方法を発見しましたこれが癖になってしまった事が、間違いなく現在の私の英語表記に影響を与えています。

 

 閑話休題。何度もこのブログに書いているビートルズ再発見期、躍起になってビートルズやメンバーのソロをかき集めましたが、店頭に置いていない事が多く、特にジョージのものは殆ど廃盤だったので、注文の際に店員さんに訊いて落胆を繰り返すというのがほぼ日常と化していました。ネット通販ならばある程度データベース化されている上に、「在庫に無いのならば仕方ない」ときっぱり諦める事が出来たので、自分にとっては非常に便利なメディアでした。

 当時、ありとあらゆるジャンルのCDを手に入れるため、様々なサイトでアカウントを作りました。現在でも利用しているAmazonタワーレコードのものもこの時期に作成しました。それ以外にも今では覚えていない、もしくは覚えていても完全にサインインの方法を忘れているサイトが多数で、今でも心のどこかに小骨のように引っかかっています。もっとも、忘れているようなサイトは一度も利用した事がない所しかないのですが…。

 

 インターネット導入後も様々なサイトでアカウントを製作しましたが、使用PCの変遷によりサインイン方法を忘れているものも増加。そして、今まさにその問題に直面しているところ。日常的に利用していたとあるサービスを多忙故に閲覧を怠っていたところ、サインインする事が出来なくなってしまいました。ここ数ヶ月、雑事が多くなかなか覗く気分になれなかった事が悲劇を呼んでしまったのです。

 今、自分が持っているメールアカウントを全て調べなおしてみましたが、手掛かりなし。かなり困っています。

 

 そういえば、メールアカウントも今年で10年です。当時の先輩(Cloud9氏)に勧められて作ったのですが、この年月の過ぎ方は特に早いようでやはり10年分の重みがある事、改めて再確認しました。自分の不義理や様々な理由から疎遠になった方々とのメールのやり取りなどを見直すと、複雑な思いが胸に去来します。

 我がバンドのギタリストとのやり取りもそれにあたるでしょうか。SpiSunの(結果として)ラスト作では彼に2曲歌詞を書いてもらいましたが、今回読み返して少し驚いたのはもう1曲デモを彼に渡していたらしい事です。完全に忘れていましたし、どんな曲だったのか思い出せません。彼の手元にはデモテープが存在するのでしょうが、今となってはそれを確かめる事も出来ません。

 どうやら、かつてのバンドメンバー5名で歌う事を念頭に置いた曲だったようです。ますますもってわかりません。結局彼には歌詞だけ書かせて、録音しなかったということになってしまいました。まさかこの後SpiSunが活動を停止してしまうとは思いませんでしたし、メンバーの現状を考えればもう二度とこの企画が実現する事はないでしょうが…やはり、やるべき時にやっておかないと、後悔するだけというのが悲しいですね。

 

 取り留めのない話になりましたが、アカウントから色々と思う事があったという日記でした。ちなみに、最初の通販で買ったCDも、今回の記事タイトルになっているアルバムも現在では手元にありません。