読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(Revenge of the)United Minds

Talkin' 'bout Music, Football(JEF United Chiba) and More.

成田の寺は一つじゃない

 ツイッターで呟いたこのお寺、派手で知名度や参拝客数(初詣客は明治神宮に次ぐ全国2位)なお隣と対照的な、たおやかでひっそりとした佇まいに惹かれ、一人訪れてみた。

 

山門に続く路地、左手奥にはお隣の寺の平和大塔が。

f:id:micalaud:201614600j:plain

 これでもかと言わんばかりに自己主張しているが、勿論目的はそこではない。

 

 蝉が大合唱する中、山門に到着。

f:id:micalaud:2016014640j:plain

 チラッと見える本堂が良い景色。

 

 夏の日差しに映える境内。

f:id:micalaud:201614658j:plain

 参拝客は自分のみ。

 

 山門の裏に、何故か本尊である阿弥陀如来坐像の説明看板が立てかけられていた。

f:id:micalaud:201614736j:plain

 成田市指定文化財の文字。看板が自立出来ないためにおざなりな扱いなのだろうか。

 

 これが本尊か…と思ったが、当然違う。永代供養塔だろう。

f:id:micalaud:20160805014943j:plain

 まだ造りが新しい。最近建てられたものだろうか。

 

 客殿と思われる建物。

f:id:micalaud:2016014957j:plain

 後ろの木々の緑が濃い。

 

 短い滞在だったが、帰り際にもう一度山門を振り返る。

f:id:micalaud:2016015136j:plain

 暑くて長い時間の滞在は無理だったが、わざわざ寄った甲斐はあった。

 

 このお寺の関係者と思しき女性が、車の中から参拝客である私を気にしていた。タブレットを終始抱えていたため、現在一大ブームの位置情報ソーシャルゲームのプレーヤーだと思われたかもしれない。

 隣のお寺とはあまりにも対照的な静けさ。何やら空海最澄の後世の人気や露出度を物語るようで、それが逆に強く心を捉える。永代供養塔の上には墓地があり、そこに繋がる細い階段もあったのだが、今回は足を踏み入れることなく帰途に着いた。

 この薬王寺についても一切学ぶ事なく、時間が空いた事によって訪れただけだったので、色々と準備をしてまた参拝してみたいと思っている。