(Revenge of the)United Minds

Talkin' 'bout Music, Football(JEF United Chiba) and More.

Only a Eastern Song

 以前の職場の近くにとある料理のチェーン店があり、基本的に仕事中の食事は外食に依存していた私は、乏しいローテーションの中でこの店もよく利用していた。
 退職後もこの店を年に数回は訪れたりするのだが、私が通っていた時代とは大きな違いが存在する。それは、常に有線のビートルズ・チャンネルがBGMとして流れている事だ。
 たまに訪れる程度の客なので、この点はどちらかといえばビートルマニアとして歓迎すべき事項である。The Beatlesが食事のBGMに向いているかどうかはともかく、これだけ慣れ親しんだ音楽なのだから嫌な気持ちになるわけがない。
 だが、私はどうしても従業員の立場でものを考えてしまう傾向にある。それは自分自身の経験上やむを得ない事で、例えば自分が仕事中に絶えずThe Beatlesが流れていたら、きっと嫌になってしまうだろうからだ。
 ただでさえ同じ音楽を繰り返し聞かされたら嫌気が差すのに、それが大事なThe Beatlesの曲なのだ。日々のストレスを前にして、大切な音楽とそれにまつわる思い出が、手垢にまみれて汚されていくように感じてしまうだろう。The Beatlesを聴くのに、嫌気が差してしまう事は火を見るよりも明らかである。
 きっと、この店で働いている従業員はThe Beatlesを嫌っているに違いない。もしくは、完全に日常のひとつとして脳にインプットしないよう、音楽として認識せず完全にスルーするように馴れてしまっているに違いない。いずれにせよ、自分がその立場だったら苦悩してしまうだろう。自分は味わいたくない経験だ。

 

 何故仕事中のBGMにここまでこだわっているかというと、自分自身にそのような経験があるからである。彼の地での私の勤務中は仕事柄常にハイクオリティな音質のアルバムがいくつものモニタースピーカーから流れている状態であり、特にヘヴィ・オンエアされていたのはSteely Danであった。それはほぼ一日中止まる事なく、勤務中の私の聴覚を支配していた。
 ここでの労働は過酷で、毎日が緊張の連続であった。毎日毎日、勤務が終わる度に「何とか今日をやり過ごしたな。でも明日はどんな無理難題が襲ってくるのだろうか」と考えるような気の抜けない職場であり、それは主に私の知識不足に起因するものであった。
 もちろん、日々様々な事を学んでいったが、音響の世界はあまりにも奥が深く、基礎の基礎から学ぶにはあまりにも時間が足りなかった。技術は常に更新されるものであり、はっきりいって自分のキャパシティからすれば一から知識を習得しようとしても、焼け石に水である。

 だが、何故か私はここを長く任せられる事になったのであった。これ自体が謎であるが、どうも上司は私の上っ面の対応の良さで何とか乗り切れると思っていたらしい。事実それでかろうじて毎日をしのいでいたのは確かだが、当然私には多大なるストレスが圧し掛かっていた。数年前の入院も、結局はこの時に無理を重ねた事が原因であるのは明らかである。
 だから、そんな時期に毎日耳に入っていたSteely Dan(とDonald Fagen)を、10年近く経過した今でも冷静に聴くことが出来ない。当然ながら世界最高峰のクオリティを持った音楽であるのは重々承知しているが(だからこそ我が職場でも流れていたわけだし)、やはりあのストレス過多の日々が脳裏に蘇り、とても平静な気分ではいられなくなってしまう。これはフラッシュバックのようなものかもしれない。
 Eric Claptonのベストもよく流れていた気がするが、こちらは特に問題なく聴く事が出来る。やはり、Steely Danの流れていた回数は圧倒的に多かったのだろう。仮に、ここでThe Beatlesが毎日絶え間なく流れていたとすると…恐ろしくて想像できない。冒頭の料理店で思わず考えてしまったのは、このような経験があった事に理由があるのだ。

 

 ただし、仕事にBGMがあっても良いと思えるシチュエーションも非常に僅かながら存在する。例えば、練習スタジオに勤務していた時は、自分の好きなCDを持ち込んで職場のPCにリッピングし、それをDJ感覚でフロアに流していた。主に当時私が買ったばかりのCDをいち早く聴くという意味で選盤していたと思う。
 覚えているのはMadness, Keane, Franz Ferdinand, Maroon 5, Squeeze, Emile Simon,  Tracey Ullman, 高橋幸宏, Sadistic Mikaela Band, Moonriders, ゴスペラッツ, etc...あたりだっただろうか。近所にあったタワーレコードで買うなり取り込んで聴いていた気がする。

 だが、当然ながらこの辺の音楽を今聴くことに何の抵抗もない。繰り返し同じものばかり聴いていたわけではない上に、何よりも仕事自体が非常に楽しく、ストレスフリーだった事が最大の理由だろう。
 専門的な事を訊かれるでもなく、たまに作業をする以外は基本的に座っていられるし、電話対応もクレームや脅しめいたものは当然ながらほとんど存在しない。はっきりいって楽な仕事である。
 土地的にプロアマ問わず様々なミュージシャンが利用する場所だった事もあり、そういう人たちと話をするのは何より楽しかった。そんなバンドマン達に「今流れてるこの曲何ですか?」と訊かれる事も稀にあり、そういう時は妙に誇らしく、快感すら覚えたものだ。

 

 だが、こんな経験自体が異例である事は言うまでもない。基本的に仕事というものはストレスしか生まないものだと認識しているので、出来ればBGMなどなく無音であるのが望ましい。
 どうしても流すのならば、スーパーで流れているような少し前のヒット曲の気の抜けたインスト、もしくは最新ヒットだけを流す有線、どちらかに限る。両方とも既に過去のアルバイトで経験済みであり、特に現在への悪影響は確認出来ない。それはどちらも聞き流す事が出来るからで、やはり思い入れのある音楽を仕事中に流してはいけないのだ。