(Revenge of the)United Minds

Talkin' 'bout Music, Football(JEF United Chiba) and More.

2017 買った新譜から10枚

 今更ながら、恒例の企画を。昨年買った新作アルバムは11枚のみなので、その中から10枚をリリース順に挙げる。

 

f:id:micalaud:20180301223511j:plain

Blue - Communions

 

f:id:micalaud:20180301223632j:plain

Volcano - Temples

 

f:id:micalaud:20180301223429j:plain

半世紀 No.5 - Unicorn

 

f:id:micalaud:20180301223447j:plain

Make it Be - R. Stevie Moore and Jason Falkner

 

f:id:micalaud:20180301223418j:plain

Weather Diaries - Ride

 

f:id:micalaud:20180301223057j:plain

Parade - Deen

 

f:id:micalaud:20180301224227j:plain

As You were - Liam Gallagher

 

f:id:micalaud:20180301223501j:plain

Colors - Beck

 

f:id:micalaud:20180301223041j:plain

Pacific Daydream - Weezer

 

f:id:micalaud:20180301223108j:plain

Some/Any/New - Xavier Boyer

 

 今年は遅れに遅れてしまったいつもの企画。何しろ昨年の新譜を11枚しか購入していないのだから、なかなか積極的にこの記事を書く気にもなれなかった。さすがに11枚中の10枚では取捨選択したとは言い難く、今回はアルバム毎のコメントは控える事とした。
 色々と出費が多かった事、ディスクユニオンのタイムセールでかなり凌げてしまった事、タワレコ等での試聴を一度も行っていない事、贔屓のミュージシャンの新作があまり多くなかった事…など、理由は幾つもある。

 

 それでも、Communionsは近年のバンドの作品の中でも出色であった。これがデビュー作というのいうのはかなり充実しているし、久々に心から納得のいく新人のアルバムを聴く事が出来たように思う。2ndで失速しない事を願いたい。
 Beckの新作も、全作とは打って変わって明るく躍動感のある作品となった。個人的には、この2作が2017年のベストである。

 

 個人的に一番注目していたのは、2009年『All Quiet on the Noise Floor』以来、実に8年ぶりの新作となったJason Falknerであった。

blog.goo.ne.jp

blog.goo.ne.jp

 殆ど告知がない中、実は何度も来日公演を行っているようなのだが(残念ながら私は全ての情報をキャッチし損ねている) 、音源を発表するのは難しいのかと思われていた中での新譜。

 ローファイ宅録の重鎮であるR. Stevie Mooreとの共作名義での作品ながら、Jasonがヴォーカルを執る曲はまさにFalkner印のメロディでなかなか満足度は高かったのだが、先日改めてクレジットを確認したらびっくり、何とJasonが1人で書いた曲は1曲しか存在せず、殆どの曲をMooreが作っていたのだ(共作含む)。2人とも音楽性が非常に近似しているのか、それともJasonの歌の個性が非常に強いのか…ともかく、非常に驚いたのは確かだ。

 アルバム自体は勿論悪くはないのだが、こうして焦らされるとJasonのソロ名義の新作を早く聴きたくなってしまうのがファンとしての正直な感情である。

 

 この企画は、その一年のリスナー生活の集大成であり、成果報告でもある。今後も変わらずに続けていきたい。