(Revenge of the)United Minds

Talkin' 'bout Music, Football(JEF United Chiba) and More.

ルール・ザ・ワールド

 1月末にとある方とお会いする際、すでに武漢でのウイルスのニュースを耳にしていた私は現地のキオスクでマスクを購入した。思えば、それが最後に私がマスクを買った日である。その2日後には、既にどの店の棚からもむしり取られたかのようにマスクは姿を消していた。
 事態は日を追うごとに深刻化し、世界は変わってしまった。この後の成り行きを予測出来るような知識を私は持ち合わせていないが、少しでも良い方向に動いていくように祈り、行動するだけである。

 

 勿論、私の生活にも深刻な影響が出ている。不安や不満、日々感じる事はあるが、あまりそれを素直にTwitter等に記すと9年前や昨年のような事が繰り返されると思われるので、極力控えるようにした。私はSNSを揶揄を飛ばし合ったり、論争の場にしようとは思っていない。とはいえ、それでも心情を完全に隠す事は難しいだろう。
 友人から「世界は変わるのかな」とメッセージが来たが、「これを機にポジティブな方向性を見出だせるのか」という意図を言外に読み取った私は「9年前と比べて何も変わっていない」と返した。むしろ、SNSだけ切り取ってみれば更に退化しているように思う。スマートフォンの普及で、更にインターネットが身近になった分、分母が増えているというだけの事なのかもしれないが。

 

 ひとまず、ここまで更新を怠った事でも推測して頂けるかもしれないが、ブログの記事にするような話題がない。9年前は更新するような気分にならず、ほぼ完全に放置してしまったが(その打開のためにPodcast企画を始めた)、今回はそれ以前にネタが見つからないのだ。
 大手を振って外出も出来ないので、史跡を巡って記事にするのも難しい。加えて自室に閉じ籠っているのでひたすら怠惰になり、記事を考えるほどの思考力すら低下している。この騒動、本当に早く収まってくれないと不味い事になりそうだ。

 

 しばらくは聴いた音楽や、思い出話くらいしか出来ないと思われる。外出という当たり前の行為が出来ない日々がやって来るとは、年明けには考えもしなかった事だ。ひとまず、しっかり生きたいと思っている。今出来るのはそれくらいなのだから。