読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(Revenge of the)United Minds

Talkin' 'bout Music, Football(JEF United Chiba) and More.

Go West

 先日、ひょんな事から池袋を訪れました。まさかの今年二回目の訪問。あくまで用事をこなすためです。

 時間があったのでいつものようにユニオンを訪れましたが、何だか物足りない。という事で、久々に西口方面に足を伸ばすことに。

 

 バンド時代、基本的には東口方面が拠点でしたが、当然ながら西口側にも何度も行った事があります。特に、ホテルサンシティの先にあったカラオケ歌広場には、練習後に足しげく通っていたものです。散々練習で歌った後にカラオケ。我々はタフでした。

 P'パルコの前のガード下通路を通るルート。P'パルコの1階(B1F?)はゲームセンターでしたが、現在は何とあのニコニコ動画の本社が移転してきており、風景を一変させていました。この日も大型モニターで何やら生放送を行っており、時代の流れを痛感。

 しかし、当時から西口公園や立教大学の方向等へ行った記憶が殆どありません。ギターを担いで(しかも持ち難い肩掛けソフトケース)あまり遠出する気にはなれなかった事もありますが、何より殆どの用事はサンシャイン通りを擁する東口で済んでしまっていたからです。

 

 この日向かったのは、ココナッツ・ディスクというレコードショップ。当然、初めて行くお店です。

 思えば、当時の池袋には沢山のレコード店があり、アナログ盤も含めたディスク収集を始めたばかりの私にとっては格好の街でした(当時はそのありがたみに無頓着でしたが…)。バイト帰り、少しでも時間が空けば店をはしごして通ったものです。

 いつしかそういった小さな店は次々と閉店。既に10年前に友人と訪れた時点で、殆どが別のテナントに姿を変えていました。更に、ユニオンと並び立つもう一店の池袋の雄であったレコファンも昨年閉店(更に付け加えると、サンシャイン通りにあったHMVも撤退していた)。もはやユニオン一店を残すのみとなっていた池袋東口の中古ショップ事情。

 そんな中、グーグル検索に引っ掛かった前述のお店を訪れてみることにしたのです。

 

 多少道に迷いながらも、何とか到着。

 池袋駅前の喧騒から離れ、静かにジャズが流れる店内。広すぎず狭すぎず、CDとアナログの割合も丁度半分くらい。カセットテープまで置いてあり、大いに興味を惹かれました。

 すでに20時を回っていたからか、お客さんもまばら。じっくりと選ぶことが出来る環境で、棚に並んでいるのはレア過ぎずポピュラー過ぎずのバランス。これだ!というお目当ての盤はありませんでしたが、どれも絶妙に興味をそそるものばかり。値段もなかなか良心的で、それが更に心と財布の紐を緩めます。

 この感覚だ、と思いました。2000年代初頭、池袋の小さなレコード店に共通してあったスタティックさの中で、ディスク探しに没頭していく感じ。あの頃私が通っていたお店は、まさにこういう雰囲気でした。

 この感覚が懐かしくも愛おしくなり、特に買う予定のなかったアルバムを2枚も購入。この衝動買いも含め、何だかあの頃にタイムスリップしたかのような心持でした。

 

 今年はもう池袋を訪れる機会はないでしょうが、次に行く事があったら必ず再訪しようと思っています。良いお店でした。