(Revenge of the)United Minds

Talkin' 'bout Music, Football(JEF United Chiba) and More.

Photo Outtakes Vol.2

 こちらは全て昨年の京都旅行の写真だけです。

 

 

単なる六月日記 Vol.1 〔by ラウド〕

 一日目です。

 

 アングルは好きなのですが、修学旅行生が写り込んでしまって使えなかったもの。

f:id:micalaud:20130831014926j:plain

 6月初旬だったのに、街中が学生の団体で溢れていました。 

 

 銀閣入り口の庭園。

f:id:micalaud:20130831015017j:plain

 バスの停留所から銀閣に至るまでの道が好きだなぁ、ちょっと鎌倉っぽい感じで。何だか本末転倒な感想のような気もしますが。 

 

 金閣の裏側。

f:id:micalaud:20130831015025j:plain

 放火される前の金閣はここまでギラギラではなかったようですが、林某の瞳に映った炎上する金閣の色彩とは、果たしてどのようなものだったのでしょうか。

 

 めちゃくちゃ豪勢だった宿泊部屋。

f:id:micalaud:20130831015035j:plain

 ガラス張りの浴室。左の壁も隙間があるので(下の写真の右側参照)、室内からは基本的には丸見えです。そういうホテルではないはずなのに、何故こんな設計なのか…。

 

 窓際のベッドで、結局翌日の昼近くまでうだうだやって出発が遅れる始末。

f:id:micalaud:20130831015043j:plain

 二条城を見下ろすシチュエーションが最高でした。 

 

 

単なる六月日記 Vol.2 〔by ラウド〕

 単独行動となった二日目です。

 

  ホテルの窓から望む山。

f:id:micalaud:20130831015053j:plain

 名前はわからないけど、大文字山の可能性も?

 

 ホテルの敷地内にいた白鳥。

f:id:micalaud:20130831015103j:plain

 建物は新しいけど、土産物屋もあって古き良き観光旅館という感じでした。 

 

 大本山本圀寺へと至る橋。

f:id:micalaud:20130831015111j:plain

 これは川ではなく、御陵の堀なのかな?しかし人通りが少なく、時が止まったような土地でした。 

 

 御陵衛士屯所跡の説明板。

f:id:micalaud:20130831015119j:plain

  その活動期間は半年とちょっと。伊東甲子太郎の理想は儚く尽きました。

 

 京都霊山護国神社にて、禁門の変にて討たれた長州藩士の墓碑。

f:id:micalaud:20130831015129j:plain

 ここでは憑かれたように写真を撮りまくっています 。その数が多いので、記事への掲載はかなり絞りました。墓石の写真だらけになってしまうのもどうかと思うので…。

 

 靖国神社参道中央に鎮座する像でもお馴染みの、大村益次郎の墓地(山口県にもあるらしいですが)。

f:id:micalaud:20130831015138j:plain

 他の長州藩士のものとは離れた場所にあり、やはり別格という事でしょうか。

 

 蛤御門の説明板。

f:id:micalaud:20130831015148j:plain

 次に訪れた時は、長州藩の銃撃によって付いたという弾痕を確認したいものです。ああ、また京都に行きたいなぁ。