(Revenge of the)United Minds

Talkin' 'bout Music, Football(JEF United Chiba) and More.

すがりたい'13

 水曜の群馬戦に行ってきましたが、結論から申しますと私のフクアリ勝利試合観戦は未だに1試合のみです。何とかならんものか。

 

 相手が引いて守ってきている割には、プレッシャーが激しくない。かなり余裕を持ってボールを持てる状況に見えましたが、それでもバタバタと慌てたパス回しを繰り返し、みすみす相手の思惑通りに突っかけてミスが続出する。

 失点は二つとも防げたはずのもの。度重なるセットプレーのチャンスも(山口)智のヘッド以外はゴールに結び付かず、ただただ消化不良感だけが残るゲームでした。

 たらればの話になりますが、前半に良い崩しからナムが相手GKと一対一の状況になったあのチャンス。あそこをしっかり決めていれば…。

 

 手詰まり感を解消するには、とにかく自ら走ってボールを引き出す動きやスペースを作るアクションが必要なのですが、スタミナ切れなのかそこまで走っていた印象もなく。

 例年の繰り返しとは思いたくないけど、ブレークスルーするためにはなりふり構わず何かをする必要がありそうです。森本一人が入ってどうにかなる問題とも思わないなぁ。

 

 森本には当然私も大きな期待を抱いていますが、状況が状況だけに彼だけに縋るのもどうかと思います。彼はサッカー選手であって、魔法使いではない。

 チーム状況が全く違うので例に出すのは間違っている事を承知で書きますが、かつて某Jクラブが連敗記録を作ってしまった時、ラモス瑠偉が移籍決定後もなかなかクラブに合流できず、救世主の如く彼の試合出場を待ち望んでいるような報道がありました。何だか、その記憶と重なるところがあって嫌だなぁ、と。

 

 嘆いていても仕方ないので、まずは次の試合から昇格へ光明が見えるようなサッカーを見せてくれることを願います。恐らくは出場が可能であろう、森本の活躍も含めて。

 

 

 

 当日はいくつかスタジアムグルメを楽しみましたが、イカ飯が量は少ないながらもなかなか美味でした。

 そして、胡瓜好きの琴線を揺さぶられたこれ。

f:id:micalaud:20130822204811j:plain

 ピントがブレている上に一口齧った後ですが、胡瓜の一本浅漬けです。グローボ前にて誘惑に勝てず購入。概ね悪くない味でしたが、もうちょい塩味は抑え目でもいいかも、実家の薄味に慣れてしまっているからかもしれませんが…。

 ちなみに、友人Fが初のサマナラ体験をした日でもありました。