読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(Revenge of the)United Minds

Talkin' 'bout Music, Football(JEF United Chiba) and More.

We are Tokyo

Music from Overseas

 1月に発表済みですが、Madnessが11年ぶりに来日します。

www.barks.jp

 前回の公演がそんなに昔とは思えないくらい、つい最近の出来事として鮮明に記憶に残っていますが、会場だったShibuya AXも、疲労困憊のライヴ翌日に朦朧とした意識で出勤した当時の私の職場も、既に姿を消してしまいました。確実に時間は経過しています。

blog.goo.ne.jp

blog.goo.ne.jp

blog.goo.ne.jp

blog.goo.ne.jp

blog.goo.ne.jp

 

 あのライヴ時には、ギターのChris ForemanとサックスのLee Thompsonという(The Nutty Boys名義でも活動した)中心メンバーの2名が欠席。そして今回は、フロントマンの1人であるChas Smashが脱退しており、Suggs1人で務める事になりそう。なかなかフルメンバーでの演奏が観られないのが少々寂しいところ。

 

 いずれにせよ楽しみな今回の来日決定ですが、最大の問題は公演日が新年度最初の月曜というシビアすぎる設定。
 私が精神的にも肉体的にも春という季節は鬼門である、と何度もこのブログで書いていますが、それは私を取り巻く環境においても同じ。確実にこの日を空けられる保証はどこにもなく、現在でもチケット購入を躊躇っているのが現状です。前回は頼りになる先輩と同僚がいたお陰で、何とか調整してもらう事が出来ましたが…(ただし休みが大幅に減って倒れそうだったが)。

 

 ひとまず無事に参戦出来ると仮定した上で、今回是非演奏してほしい曲を10曲挙げておきます。前回は極端に初期に偏ったセットリストで、当時の最新カヴァー・アルバムから3曲の演奏はあったものの、現在進行形のMadnessを聴きたかった者としては寂しさも残る選曲でした。
 だから、今回は『Wonderful』以降の曲をもっと聴きたい、というのが私の要望です。私自身まだそこまで聴き込んだわけではない最新アルバム『Can't Touch Us Now』だが、いっその事このアルバムから多数プレイするくらい尖っていても私は一向に構いません。

 

Disappear (from "Absolutely")
Sign of the Times (from "7")
Michael Caine (from "Keep Moving")
Victoria Gardens (from "Keep Moving")
Lovestruck (from "Wonderful")
Elysium (from "Wonderful")
NW5 (from "The Liberty of Norton Folgate")
Clerkenwell Polka (from "The Liberty of Norton Folgate")
The Liberty of Norton Folgate (from "The Liberty of Norton Folgate")
My Girl 2 (from "Oui Oui Si Si Ja Ja Da Da")

Waiting

Music from Overseas

 リリースが止まっており、告知の手段も限られるミュージシャンの現状を知るのは難しい。

 

 現役のシンガーソングライターの中では、トップクラスに好きなのがJason Falknerだが、昨年夏にひっそりと弾き語りライヴを行っていた事を知ったのは開催から2ヶ月後だった。

 アルバムリリースも来日ライヴも2009年で止まっており、その後はCheap Trickやポールのツアー及びレコーディングに帯同している事は知っていたが、それ以上の情報は得られなかった。

 

 しかし先日、手持ち無沙汰の時間にふと思い立って彼の名前を検索したのだが…。 

■R. Stevie Moore / Jason Falkner | ローファイ・レジェンド、R・スティーヴィー・ムーアと、ジェリーフィッシュやソロでの活動で知られるミュージシャン、ジェイソン・フォークナーのコラボレーション・アルバム。二人の天才ポップ・メイカーによる『メイク・イット・ビー』、リリース。|BIG NOTHING

www.tokyoheadline.com

 

 まさかのアルバムリリースの報がヒット。しかも何と今月である。偶然とはいえ、出来すぎではないか。

 

 ソロ・アルバムというわけではなく、R. Stevie Mooreというミュージシャンとのコラボ盤らしい。彼の事は寡聞にして知らなかったので、少しだけ調べてみた。

matome.naver.jp

  70年代前半の局の動画が貼られている。かなりキャリアの長いベテランのようだ。宅録マルチミュージシャンの元祖とも言える音楽性らしい。

 

 うーん、これはモロにローファイだ。


R. Stevie Moore - I Not Listening (1974)


R. Stevie Moore - I Like To Stay Home (1986)

 前述のリンク先の記述によると「曲は、ほんとにポップ40年間も売れなかったのが不思議」との事だが、ポップなのは確かでもそこまでわかりやすい音楽とも思えない。

 だが、Jasonとの共通点は感じる。Jasonの1st『Presents Author Unknown』や、デモトラック集『Necessity: 4 Track Years』と手触りは非常に近い。どちらも宅録多重録音だからだろう、というツッコミは不要。

 

 この2人も、出会うべくして出会った結果のコラボレーションなのかもしれない。いずれにせよ、8年越しにJasonが大きく関わった作品が聴けるのは楽しみである。それも、あとすぐで発売するのだからたまらない。

Can't Stop Thinking About Paper Sleeve

Harrisongs

 既にジョージファンの皆様はご存知とは思われますが、ジョージの全アルバムが紙ジャケ化、及びアナログボックスがリリースされます。

nme-jp.com

www.barks.jp

 基本的にはアナログボックスがメインの企画で、紙ジャケCDは日本のみの独自企画の模様。一応アナログの方はリマスター、CDの方も同じマスターを使用しているようですが、アップル時代のアルバムは2014年にリマスターしたばかりだよなぁ…。

 

 ジョージのファンならば、日本市場での影響も考えて買うべきなのでしょう。しかし、今回初出のトラックもなければ、前述通りアップル時代の作品はリマスターボックスを買ったばかり。腰が非常に重いです。

 せめて、ボーナストラックで豪華本『Songs by George Harrison』付録CDを全曲、もしくはダークホース・ボックスの際に収録漏れした「Poor Little Girl」「Cockamamie Business」(『Best of Dark Horse 1976–1989』出典)をリマスター収録するとかなり大きな購入への後押しになったはずなのですが。

 何より先立つものがないので、「コレクションのために買う」というような思い切りが出来ないのが現状です。元々コレクション欲があまり無いのは、過去に書いた通り。

micalaud.hatenablog.com

 せっかくのジョージのニューリリース、滅多に無い機会だという事は重々承知しているのですが…うーん、ちょっと考えます。

 

 

 今回のニュース記事を検索していたら、こんなトピックが。

news.livedoor.com

 昨年夏に出たニュースの模様。勿論ジョージの未発表曲は沢山あるでしょうし、『Goerge Harrison Anthology』がいつか発表される事を願っていますが、「リリース」という表現は話半分で聞いておいた方が良いような気がします。もっとずっと先の話になるのではないかと…こんなニュースがあった事も、多くの人は忘れているでしょうから。

news.mynavi.jp

 これは企画自体が実現するとはとても思えなかった話ですが。事実、実現してませんしね。

SpiSun (spiritual sounds) 20th Anniversary Masters

Information

f:id:micalaud:20170213130758j:plain

2 Discs - Remaster and Remix Version

 

【Disc 1】

f:id:micalaud:20170213130822j:plain

Blues in Summer Blue / spiritual sounds

[Original: 1996] [Remaster]

f:id:micalaud:20170213131433p:plain

 

【Disc 2】

f:id:micalaud:20170213130843j:plain

Technicolour / SpiSun

[Original: 2008] [Remaster & Remix]

f:id:micalaud:20170213131533p:plain

 

Contact Us → comments field

2016 買った新譜から10枚

Music from Overseas Japanese Music

 昨年の新譜が大体入手出来たので、今更ながら発表。

 とはいえ、一般的に注目作とされるものは殆どカバー出来ていないので、今年からこういったタイトルにして個人的なチョイスである事を強調した。そしてランキングではなく、リリース順に10枚を並べた。

 

 

f:id:micalaud:20170127103008j:plain

Meta / Metafive

 豪華メンバーが集まったミラクルな1枚。とはいえ個性がぶつかり合うというわけではなく、それぞれ自作自演出来る才能が高橋幸宏という存在を中心に集い、バンドという集合体である事を楽しんで作っている印象。

 

f:id:micalaud:20170127103033j:plain

Night Thoughts / Suede

 再結成2作目にしてディープに踏み込んだSuedeの世界。突き抜けた明快さがあった前作に比べ、タイトル通り思索に満ちた充実作。彼らが新たなフェーズに突入しつつある事を実感する。

 

f:id:micalaud:20170127103057j:plain

K 2.0Kula Shaker

 こちらもブリットポップ全盛からの再結成組だが、The Jeevasを引きずっているような『Strange Folk』、ブリティッシュ・トラッドに踏み込んだ『Pilgrim's Progress』と佳作ではあるが地味な内容が続いたところで今回のインド回帰。ファンは快哉を叫んだであろう。だが、単純な『K』の続編ではない。インド音楽とロックンロールのミクスチャーは、更なる進化を遂げている。

 

f:id:micalaud:20170127103618j:plain

Super / Pet Shop Boys

 コンスタントにアルバムをリリースし続ける2人組。最新のエレクトロニック・シーンにも常に対応し続けるモンスターは、前作『Electric』の路線を更に強化してきた。次作ではメロディックな面も聴いてみたいところ。

 

f:id:micalaud:20170127103138j:plain

Weezer (The White Album) / Weezer

 個人的に、2016年からのめり込んだのがWeezerだった。コンピレーションで聴いた「Buddy Holly」が全てのきっかけ。妙に耳に残って引っかかるメロディラインに中毒性がある。パワーポップ・ファンとしてはようやく彼らの作品を押さえる事が出来た。

 

f:id:micalaud:20170127105104j:plain

Fever Dream / Ben Watt

 1stソロから31年ぶりにリリースされた『Hendra』。そこからわずか2年でこの作品がリリースされたという事は、いかに前作への手応えを感じたか、そして元Suedeのバーナード・バトラーとのコラボレーションに意義を見出していたかという事か。堅くてごつごつしているようで温もりがある、まるで木製家具のような作品。SSW然としていた前作より、親しみやすさがある。

 

f:id:micalaud:20170127103201j:plain

Wild Pendulum / Trascan Sinatras

 彼らのファンになったのが、あの2011年。初めて迎える新作のリリースだ。つまり、このアルバムが私にとっての“ハジニュー”である。期待通りの暖かく優しいメロディ、歌声。もはや“ギターポップ”や“ネオアコ”といった言葉では語れない、深みのある作品である。

 

f:id:micalaud:20170127103239j:plain

The Colour in Anything / James Blake

 UKで話題の才人という事で購入。電子音の中に漂う叙情性と静謐、メランコリー。独自の世界観に引き込まれ、新たな音の体験をした気分になる。こういう音楽も悪くない。

 

f:id:micalaud:20170127103307j:plain

Blossoms / Blossoms

 UKアルバムチャート2週連続1位という華々しいデビュー作。近年の注目バンドにはあまり共感出来なかった私だが、この作品は非常に親近感を感じた。UK New Waveのエッセンスを感じるからなのだろうか?何より、曲自体の出来が良いからだと思う。とはいえ、音の響かせ方はいかにも2010年代という感じがする。次が楽しみなバンド。

 

f:id:micalaud:20170127103332j:plain

ゅ 13-14 / Unicorn

 不可能と思われた再結成から、早いようで年月の長さも感じる4作目。Abedon(当時は阿部義晴)のメロディメーカーぶりが際立った『シャンブル』『Z』はかなり真面目な作品で再結成前との明確な違いを感じたが、前作『イーガジャケジョロ』からメンバーそれぞれのバラバラな個性丸出しの楽しさを押し出している。再結成もセカンド・エラを迎えたのだろう。とはいえ、前作同様におちゃらけの仮面の下にシリアスなメッセージが潜んでいる作品だと思う。これぞユニコーン

 

 飛び抜けた作品が無く、ランキングにするのは難しかったがいやいやどうして、聴き直してみると粒揃いの一年だったように思う。

単なる正月日記

Life

 明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。

 

f:id:micalaud:20170107225737j:plain

 

f:id:micalaud:20170107225752j:plain

 

f:id:micalaud:20170107225807j:plain

 

f:id:micalaud:20170107225819j:plain

 

f:id:micalaud:20170107225829j:plain

 

 惑わず、惑わされず。自分なりに進んでいける年にしたいです。やりたい事があるうちは、まだまだ走り続けられると思います。頑張ります。

I'm one with the Force and the Force is with me. I'm one with the Force and the Force is with me...

Star Wars

 去年の今頃、EP7を観た私はSNSやネットを検索し、SWに関する書き込みを探っていた。ファンシーなイラスト、現代的オタク解釈による考察…それはとても楽しい時間である。周囲にファンがおらず、長らく孤独にSWナードを続けてきた自分にとっては、様々な人の意見をリアルタイムで知る事が出来る現代は、実に心強く面白い時代になった。

 だが、『Rogue One』が公開されて一週間。既に2度の作品鑑賞を終えた私は、初日にTwitterで感想ツイートを検索した以外、殆どネットのチェックを行っていない。これはどういう事か。

 つまり、今回の作品は誰かの解釈や創作に補完してもらう必要の無い、実に充実した作品だったからではないか、と思ったのである。昨年のあの時期は、誰かに補ってもらわなければ隙間を埋める事が出来なかった。つまり、自分にとってEP7はそういう作品だったという事だ。

 

 EP7初回鑑賞後、私は常にSWファンとして葛藤していた。自分は『Fanboys』『The People vs. George Lucas』に出てきたような、偏屈で心の狭いファンとは違う。過去のノスタルジーだけに浸る事無く、新たな世界も受け入れられる人間だ、と。

 そう必死に言い聞かせながら、何とも歯切れの悪い感想を書いた。

micalaud.hatenablog.com

 プリクウェル(EP1~3)をろくに理解しようともせずに批判する守旧派ファンの心無い言葉に、嫌な気持ちになったのは一度や二度ではない。だから、自分はそうではない人間であろうと努めていた。大きな違和感を覚えながらも、EP7を必死に好きになろうとしていたのだ。でなければ、4回も劇場鑑賞はしていない。

 

 そんな私の心を大きく揺るがしたのが、3Dアニメ『反乱者たち』の出来の素晴らしさ。

micalaud.hatenablog.com

 その流れは、今回の『Rogue One』が期待通りの出来だった事で決定的となってしまった。

 

 やはり、自分はEP7を好きになれない。努力はしたが、前述のスピンオフ2作を観た後ではどうしても見劣りしてしまう。違和感だけが更に強くなる。

 勿論、作品自体を否定するつもりはないし、評価を下すのはEP8とEP9公開後に行うべきだという事はわかっている。だが、現時点でEP7だけをお気に入り作品として挙げる事は、残念ながら私には無理だ。未だに映像ソフトを買っていないという事実が、何よりも如実にそれを表している。

(今年は自分のやりたい事への出費が多かった事、DVDからBDへの移行が済んでいない事、といった理由もあるのだが)

 

f:id:micalaud:20161222005444j:plain

 実はEP7は、鑑賞前にネットでネタバレに遭遇してしまっていた。すぐにページを閉じたので一つのセンテンスしか目にしなかったが、実はそこが最も重要なポイントだった…という悲しい経験がある。

 よって、今回の『Rogue One』は公開初日の朝一番の上映に臨んだ。同じ過ちは、繰り返してはならない。結果として、それだけの準備をしただけの意義はあった作品であった。

 

 以下、ネタバレしか含まない断片的な感想。

 

続きを読む